格安スマホ人気機種おすすめは? 評判の良い格安SIMランキング

【2016年最新】格安スマホはどこがいい?購入した人の評判や評価・感想から人気・おすすめを捜査中/格安スマホ捜査課

*

wimax2+ プロバイダとつながり易さ、キャンペーン、短期契約、引越し時、エリア範囲内か調べる

      2016/08/14

プロバイダによるつながり易さの違い

wimax2+の利用を考えている場合はwimax2+のサービスを提供しているプロバイダで契約をする必要がありますが、wimax2+を提供しているプロバイダは非常に多く、主要なプロバイダならほとんどのところでwimax2+の契約をすることができるようになっています。

プロバイダを選ぶ際に少しでも通信が安定しているプロバイダを選んでwimax2+の契約をしたいと考えている人も少なくないのではないかと思いますが、プロバイダが変わったからと言ってwimax2+の通信環境が変わるということはほとんど無く、基本的にwimax2+はwimax2+という規格の通信手段であるため、どのプロバイダを選んでも繋がり易さに大きな違いはありません。

ただし、プロバイダによって変わるISPによる通信の安定性や品質による通信環境の違いは若干あるため、少しでも質が良い通信を望む場合はISPに重点をおいてwimax2+を選んでいくと間違いないでしょう。

プロバイダ選びはwimax2+の導入において悩むポイントでもあると思いますが、やはりプロバイダによってサービスやキャンペーンは大きく異なっている場合もあるため、通信環境の問題以前に分からないことがあった場合に丁寧な対応をしてくれるプロバイダというのがwimax2+選びで重要なポイントになってくるのではないかと思います。

wimax2+はwimaxの進化版と言った感じで、歴史はそこまで深くありませんが、固定回線にこだわりが無く少しでも安定した通信環境でインターネットがしたい場合はwimax2+を利用することによるインターネットがおすすめです。

wimax2+の短期契約について

スマートフォンなどでインターネットを使用していると、時々通信制限がかかる場合がありますが、これはあらかじめ設定されている通信量を超えてしまった場合に制限がかかる仕組みになっていて、通信制限がかかってしまっても通信そのものができなくなるというわけではありませんが、明らかにインターネットの使用環境が悪くなります。

通信制限がかかった場合でも翌月になると通信制限が解除されるので、その月を乗り切ればリセットされますが、仕事などでスマートフォンを使用している人からすると月の後半で通信制限がかかってしまうのは大きな問題であり、wimax2+を契約して通信制限がかかるのを防いでいるという人も少なくないと思います。

wimax2+は契約から2年間までは通信制限が無いというサービスを提供していますが、基本的にwimax2+はどこのプロバイダでも2年契約を一つの単位としているため、短い期間だけwimax2+を契約してインターネットをするというのが難しくなっています。

wimax2+はwimaxの進化系で、wimaxに備わっている機能のほとんどを受け継いでいますが、wimaxなら一年間の短期契約が可能だったものの、wimax2+になると二年以上の契約が基本となっていて、基本的に短期契約を結ぶことはできなくなっています。

これはwimax2+が様々なサービスを提供しているということが大きく関係していますが、スマートフォンの契約と同じでサービスを提供する代わりに2年以上は使ってもらうというのが条件となっているため、短期契約が難しくなっています。

引越し時のwimax2+

光などの固定回線を引いている場合は引越しをすることになると、固定回線を一回解約して引越し先で光回線を新しく引く必要がありますが、固定回線を引くためには工事費用がかかることに加えて、固定回線を請け負っている業者は予約の順番で工事日を決めているため、引越しをする前に固定回線の工事申し込みをしていないと、引越しから1カ月くらい経たないとインターネットが使用できない場合があります。

これが固定回線のデメリットの部分でもありますが、引越しを頻繁にする場合は固定回線を引くメリットは少なく、wimax2+のように引越しをしても工事が不要な通信方法を利用することをおすすめします。

wimax2+は引越しによる工事が不要となっていますが、これは持ち運びができるルーターを利用してインターネットを利用しているためで、ルーターさえあればどこでもインターネットが利用できるということになるため、引越しをしてもそのまま使用することができます。

これはwimax2+のメリット部分でもありますが、引越しをしてからわざわざ回線を引く必要が無いため、引越しをした当日からでもインターネットをすることが可能ですが、引越し先がwimax2+に対応しているかどうかということは事前に調べておく必要があります。

また、引越しをする場合はwimax2+の工事そのものは不要ですが、住所などの登録情報が変わることになるので、忘れないようにwimax2+を利用しているプロバイダに住所変更の手続きを済ませておく必要があります。

wimax2+のキャンペーン

wimax2+はほとんどのプロバイダでサービスの提供を行っていますが、そのためwimax2+を利用する場合はプロバイダ選びから始める必要があります。

プロバイダと言っても数多くのプロバイダがあるので、どこで選ぶかは迷うところでもありますが、基本的にwimax2+の通信環境というのはwimax2+そのものの規格に沿っているため、プロバイダによる通信環境の違いはそこまでありません。

そのため、wimax2+を提供しているプロバイダを選ぶ場合はプロバイダの評判やサービス、提供しているキャンペーンなどを中心に総合的に考えてプロバイダを選んでいくことになりますが、特にwimax2+のキャンペーンは充実しているところが多いので、キャンペーンを比較してプロバイダを選ぶという人が多くなっています。

wimax2+のキャンペーンで多いのは現金のキャッシュバックやタブレット端末のサービス、wimax2+の使用料金に対しての還元等ですが、どのキャンペーンも2万円程度のキャンペーンを受けることができるようになっているため、キャンペーンを利用することでwimax2+をお得に導入することができます。

ただし、キャンペーンばかりを中心に考えるのも厳禁で、キャンペーンが充実していたとしても月額料金が他のプロバイダよりも高い場合は総合的に考えて損が大きくなる場合があります。

もちろん、月額料金が高くてもサービスや対応がしっかりしていれば選ぶメリットは十分にあるのかもしれませんが、プロバイダの多くは対応やサポートに力を入れているため、この点についてもプロバイダによる違いはあまりありません。

wimax2+の範囲内か調べる方法

wimax2+の問題点として対応しているエリアが少ないという点がありますが、wimax2+は2013年末に開始されたサービスということで、対応しているエリアに関しては随時更新中となっています。

どんどんエリアが拡大されているものの、住んでいる地域やインターネットを頻繁に使用する場所がエリア外だと、すぐにwimax2+を契約するメリットは無いので、必ずwimax2+の契約を考える前にエリア対応しているか調べておく必要があります。

自分が住んでいる地域やインターネットを頻繁に使用する場所がwimax2+に対応しているかどうかということに関してはインターネットを利用して簡単に調べることができるようになっていて、wimax2+の対応エリアで検索すると対応エリア範囲が出てきます。

これを見ながら自分が住んでいる地域やインターネットを利用する場所がwimax2+に対応しているか照らし合わせると良いですが、対応エリアに関しては大枠での表示となっているため、局地的にwimax2+が利用できない環境などは対応エリアに反映されていません。

wimax2+は基本的に購入すると返品ができないようになっているため、インターネットがもともと繋がりにくい場所の場合は特にwimax2+の購入を慎重に進めていく必要があります。

対応エリア外でwimax2+が使用できなかったことによるプロバイダとのトラブルは多く起こっていますが、トラブルを回避するためにはプロバイダに相談をして住んでいる地域や家がwimax2+が利用できる環境かどうか調べてもらうことをおすすめしますが、こうした対応もプロバイダを選ぶポイントになります。

wimax2+の注意点

wimax2+の利用を考えている人の中には、もともとwimaxを利用していてwimax2+に乗り換えるという人もいるかと思いますが、wimax2+は通信速度制限や通信スピードの面から非常にメリットが高く、wimaxよりも性能が良いということでwimaxからの乗り換えが増えています。

wimaxの進化版がwimax2+ということなので、基本的にwimaxに備わっている機能はwimax2+でも使用することができますがwimax2+の場合は解約料金が高く設定されており、その費用はwimaxに比べて高くなっているので注意する必要があります。

また、wimax2+への乗り換え理由は通信制限が無いという理由の人も多くいるのではないかと思いますが、wimax2+は通信制限が無いものの、これは契約から2年に限った話しであり、それ以降になるとwimax2+でも通信制限がかかってくるため、通信制限が無いことを目的にwimax2+を選ぶ場合は注意が必要です。

wimax2+は機種変更ができないということなので、契約してから解約ができるようになる2年間は同じ機種の利用になってしまいますが、通常のwimaxに比べると契約期間が長いため、その点から考えると長期間に渡って機種を変更できないというのはデメリット部分でもあります。

wimax2+のエリアは拡大しつつありますが、それでも他の無線通信規格に比べると対応していないエリアは多いため、出張が多く広範囲でインターネットの利用が必要な人からすると少しデメリット要素が高くなっています。

また、wimax2+の利用にはプロバイダ契約が必要になりますが、プロバイダ選びで受けられるサポートも異なってくるため慎重に選ぶ必要があります。


 - wimax2+