格安スマホ人気機種おすすめは? 評判の良い格安SIMランキング

【2016年最新】格安スマホはどこがいい?購入した人の評判や評価・感想から人気・おすすめを捜査中/格安スマホ捜査課

*

wimax2+の初期費用、月額費用、光との比較、解約料金、複数回線

      2016/08/14

wimax2+の初期費用

wimax2+に契約しているとwimax2+の対応エリア範囲ならどこでもインターネットを利用することができるということに加えて、通信速度も固定回線に比べるとそこまで大きく変わりません。

最近では固定回線よりも利用者数が多くなってきていますが、wimax2+の契約をする場合は固定回線のインターネットを利用する場合と同じでプロバイダでwimax2+の契約が必要になってくるので、まずはプロバイダ探しから始める必要が出てきます。

どのプロバイダでwimax2+を契約するのは、ひいきにしているプロバイダが有る場合はそこで契約したのでも構いませんし、少しでも条件の良いプロバイダでwimax2+を契約したいならインターネットの口コミサイトや評判サイトなどを利用して探したのでも問題ありません。

いずれにしても、プロバイダでwimax2+を契約する場合は基本的に初期費用というのが発生するため、初期費用の支払いを踏まえた上でプロバイダ選びをする必要があります。

ちなみにwimax2+の利用者を少しでも増やそうとプロバイダによっては積極的にキャンペーンを行っているところもありますが、中には初期費用が無料というプロバイダもあるので、こうしたキャンペーンを利用することでお得にwimax2+への加入が可能になります。

また、初期費用が無料でも月額料金が高いと意味がないので、初期費用の無料キャンペーンに釣られないように、きちんと毎月の月額料金やその他の条件を確認してから初期費用無料のキャンペーンを行っているプロバイダを選んで行くようにしましょう。

 

光とwimax2+を比べた場合

光を使用する固定回線とwimax2+の違いと言えば、通信速度の違いが特に大きくなっていますが、wimax2+は無線通信回線の中ではスピーディな部類に入っているものの、その通信速度は110Mbpsであり、光の回線になると1GMbps以上は共通していて、中には2GMbpsを超えている通信速度もあります。

通信速度というのはインターネットを利用する場合にどれだけサクサク利用できるかという指標でもありますが、一般的な動画視聴やサイト閲覧の場合はwimax2+でもストレス無く使用することができます。

しかし、大きな容量のデータのやりとりになってしまうと通信速度が速いと言われているwimax2+でも負担に感じるようになり、1Gを超えている通信速度の光の固定回線を使用する方がストレスなくデータ交換を行うことができるようになっています。

しかし、wimax2+の場合は持ち運んで同じだけの通信速度が外出先でも確保されることに対して光の場合は固定回線の利用時に限られるため、1Gを超える通信速度の恩恵を受けることができるようになっているのは自宅内だけとなっています。

光の場合も無線ルーターをレンタルすることで外出先でもインターネットを使用することができるようになりますが、固定回線とは別料金が発生することになるので、それなら固定回線を契約しないでwimax2+だけを利用した方が費用の面ではかなりメリットが高くなっています。

wimax2+は少々複雑な仕組みとなっていますが、外出先や複数台のスマートフォンやパソコンを使用する場合はwimax2+の利用メリットが高くなっています。

 

wimax2+の月額費用

wimax2+を契約してインターネットをする人が増えていますが、wimax2+はサービスが開始されてから日があまり経過してないにも関わらず、多くの人が利用している背景にはwimax2+の前身となるwimaxの存在が欠かせませんが、wimaxは無線通信方法の中では人気が高く、安定性や料金面から利用する人が多くいました。

wimax2+はwimaxの良いところを引き継いで、独自のサービスを付加させていますが、そんなwimax2+の月額利用料金は4000円に達さず、3000円台後半で利用可能となっていて、この月額料金を支払うだけで外出先でもインターネットを自由にすることができるということを考えるとかなりメリットは高いと言えるでしょう。

ちなみにスマートフォンのデザリング機能を利用することで外出先でもインターネット回線の契約をしていないスマートフォンやパソコンでインターネットを行うことが可能になっていますが、そのため光回線を契約して外出先でインターネットを利用する場合はスマートフォンのデザリング機能でインターネットを利用しているという人も多くいます。

しかし、この場合だと光回線の使用料金に加えてスマートフォンの利用料金が加わってくるため、金銭的な面で考えた場合にwimax2+を契約して自宅と外出用で併用して使用する方が費用はかなりお得になっています。

ただし、光回線には光回線しかないハイスピードな通信が可能になっているため、大容量のデータ通信が必要になる場合は光回線を利用してwimax2+も契約するというのも方法の一つとしてあるかもしれません。

 

平均的な月額料金と比較した場合

wimax2+は月額料金が4000円以下と光や他の無線通信機器に比べるとやや安価に設定されていますが、安価だからと言って性能や通信速度が安定してないというわけではなく、wimax2+はいろいろある通信機器の中でも高い安定性とスピード通信から人気を集めています。

ただし、光に関して言えば集合住宅だと割引の適用になるということで、wimax2+の月額料金を下回る場合もありますが、wimax2+の場合は持ち運びができるということを考えると機能性でwimax2+の方が安価と言えるでしょう。

ちなみに最近は050から始まる電話番号が増えていると思いますが、これは固定回線を引いてなくても使用できる電話番号で、050から始まる電話のことをIP電話と呼んでいますが、IP電話とwimax2+の相性は非常に良く、wimax2+を契約している場合は月額プラス数百円でIP電話が使用できるようになります。

固定電話の回線を引く場合は工事が必要になることもありますが、工事をする場合は費用がかなりかかるということを考えるとwimax2+のように工事が不要な通信方法を利用してIP電話を使用する方が電話の面でもメリットが高いと言えるでしょう。

また、このIP電話とwimax2+を利用することによってスマートフォンの月額料金もかなり下がることが期待できるため、今後はスマートフォンを契約しないでwimax2+とIP電話を利用してインターネットや電話をする人が増えると予想されていますが、wimax2+の場合は通信制限が無いものの、契約から二年間立つと通信制限があるということを忘れないように気を付けましょう。

 

wimax2+の解約料金

wimax2+はハイスピードな通信速度に加えて、通信の安定性に優れていますが、契約から2年間は通信制限が無いため、大きなデータのやりとりを頻繁にしないといけない場合でも安心してwimax2+を利用することができるようになっています。

wimax2+は様々な面でメリットがあるということでサービスが提供されてから順調に利用者を増やしていますが、途中で利用を辞める場合は解約金が発生する場合があるので注意する必要があります。

wimax2+は様々なプロバイダがサービスの提供をしているため、どれくらいの解約金が発生するのはそれぞれのプロバイダによって相違する点もありますが、基本的にスマートフォンを購入する場合と同じでサービスの契約をしてから2年間は解約をしないことを前提に様々なサービスを受けることができるようになっているので、契約日から2年以内は解約料金が発生する場合がほとんどです。

そのため、wimax2+の契約を考える場合は解約料金が発生することを念頭に利用をする必要がありますが、契約から2年間契約すると解約料金が不要になる場合がほとんどで、このタイミングで解約すると違約金もありますが、再び契約が更新されると解約料金が必要になってくる場合があるので、解約金が発生しないタイミングを狙って解約手続きを進めていく必要があります。

wimax2+の利用者は順調に数を伸ばしていますが、解約金の仕組みについて分かっていない人も多く、解約金や違約金を巡るトラブルはかなり多く発生しています。

 

複数のwimax2+を使用したい場合

wimax2+はインターネットを閲覧する場合に必要となる通信回線の規格ですが、他の通信回線の規格に比べると安定性に優れているというメリットに加えて、通信制限がかからないというメリットがありますが、特にwimax2+のような無線機器になってくると通信の安定性に優れていない場合も多く、wimax2+のメリットは非常に高いと言えるでしょう。

wimax2+を契約すると通信ができる電波のような物を発するルーターが送られてきますが、ルーターから送られる電波を拾ってインターネットが可能となっていて、Wi-Fiに対応しているモバイル機器やパソコンの場合は設定することでインターネットを使用することが可能になるため、複数のwimax2+を契約しなくても一つのwimax2+で複数のモバイル機器やパソコンでインターネットを楽しむことができるようになっています。

どれくらいwimax2+の費用がかかるかに関してはwimax2+を提供しているプロバイダによって変わってくるため一概には言えませんが、持ち運びができるということを考えると固定回線を引いてインターネットをするよりはかなりお得で、他の無線機器に比べても通信速度のスピードや安定性に優れているため、複数のモバイル機器やパソコンでインターネットを利用する場合でも安心です。

wimax2+はLTEや3G回線と混合されてしまいがちですが、それぞれの通信規格にメリットやデメリットがあるので、wimax2+の契約を考える場合はLTEや3Gとも比較しながらwimax2+の契約を進めていくと失敗しない選び方ができます


 - wimax2+