格安スマホ人気機種おすすめは? 評判の良い格安SIMランキング

【2016年最新】格安スマホはどこがいい?購入した人の評判や評価・感想から人気・おすすめを捜査中/格安スマホ捜査課

*

wimax2+の基礎知識。通信速度や制限、WiFi、LTE、3Gとの比較など

      2016/08/14

wimax2+とは

wimax2+と言う言葉を最近になって耳にするようになりましたが、wimax2+というのは無線通信技術の一つでもあり、インターネットを使用する場合に必要になる通信と密接な関係がありますが、wimaxとwimax2+は同じwimax繋がりであり、wimax2+の方がwimax2+に比べると後から発売されています。

インターネットを使用しているとさくさくサイトが閲覧できる場合もあれば、なかなかインターネットにつながらない場合もあると思いますが、これには通信が大きく関係していて、通信速度が高い場合はインターネットも負担なく使用することができます。

wimax2+は通信速度が高い通信方法となっているので、wimax2+を利用する場合はインターネットも負担なく使用することができますが、従来のwimaxに比べてもかなり通信速度は改善されているため、利用メリットは非常に高いと言えるでしょう。

通信技術の普及によって様々な通信方法が減税ではありますが、料金が高い場合や安定性に欠けるなど、何かしらの欠点がある場合も多くなっていますが、wimax2+に関しては様々な通信方法の中でも安定性に優れており、ユーザー評価が高いのが特徴となっています。

wimax2+はwimaxに比べると歴史がまだまだ浅いため、wimax2+について詳しく知っているという人は少ないかもしれませんが、基本的にwimax2+というのは最新の通信技術という分類になってくるため、今後も利用者は増加すると予想されています。

そんな魅力的なwimax2+ですが、必ずしもwimax2+が良いとは言えないケースもあるので、wimax2+の特徴を知って導入の検討をする必要があります。

wimax2+の通信速度

インターネットを使用する場合にインターネットの通信速度は気になるところだと思いますが、せっかく高価なパソコンやスマートフォンを購入しても通信速度が遅いようなら高価なパソコンやスマートフォンを購入するメリットは無いと言ってもいいくらい通信速度は大事な要素です。

インターネットの通信速度は利用している通信方法によって異なってきますが、同じような月額金額を支払っていても通信速度が非常に早いタイプもあれば、通信速度が非常に遅いタイプの通信手段もあるので、できれば通信速度の速い通信方法を選んでインターネットを楽しみたいものです。

早い通信速度で人気を集めているのがwimax2+ですが、wimax2+はいろいろある通信方法の中でもスピーディな通信環境を構築しており、wimaxに比べた場合もwimax2+の方が圧倒的に通信速度も速くなっています。

昔は大きなデータのやりとりが少なかったため、そこまで通信速度に違いがあっても気になる問題ではありませんでしたが、最近では動画などの容量の大きなデータのやりとりなどが増えているため、通信速度が速くて安定している通信方法が必要になりました。

wimax2+は通信速度が速いというメリットだけでなく、安定した通信速度というメリットもありますが、毎月の支払金額もそこまで高くないため、導入コストもそこまで負担が大きいものではありません。

また、wimax2+は持ち運びができるルーターなので、どこに行く場合でも安心してインターネット環境が約束されます。

wimax2+の速度制限について

スマートフォンなどを使用していると通信速度に制限がかかる場合がありますが、最近はインターネットを使用する場合に一定の使用量を超えた場合は月単位で通信速度の制限がかかるのが一般的となっていますが、その通信速度制限を解除するためには毎月支払っている通信費用にプラスで費用が発生するため、遅い通信速度で月が変わるのを待っているという人も少なくないと思います。

通信技術が普及したことによって昔に比べるとよりスピーディーにインターネットを楽しむことができるようになりましたが、こうした速度制限などが設けられたことによって、昔のように気兼ねなくインターネットを楽しむことができなくなったというデメリットもあります。

wimax2+にどれくらいの通信制限がかかるか気になるところだと思いますが、wimax2+の場合は契約から二年間に限っては通信制限が無いため、安心してインターネットを楽しむことができますが、それを過ぎると通信制限がかかってくるため、以前のようにインターネットを気兼ねなく楽しむことはできなくなります。

しかし、プラン変更などをすることによって通信制限をかけないという方法もあるので、通信制限が気になる場合はプラン変更をして通信制限がかからないようにすると良いですが、無駄にお金をかけてもあまりインターネットを使用しない場合は意味が無いので、自分が日頃からどれくらいインターネットをしていて、それでどれくらい通信量が発生しているかで速度制限についても考えると良いでしょう。

wimax2+とWiFiの違い

スマートフォンやパソコンを使用している人の中にはWi-Fiを利用してインターネットを楽しんでいるという人もいると思いますが、最近のスマートフォンやパソコン、そしてタブレット端末のほとんどはWi-Fiに対応しているということで、特に複数台のスマートフォンやパソコンを所有している場合は少しでも通信費用を抑えるためにWi-Fiを利用しているところも少なくないと思います。

Wi-Fiというのはインターネットをするために必要な電波のようなものを、無線ルーターと呼ばれるルーターから発する電波を利用してインターネットをするというものです。

スマートフォンの場合は携帯会社と結んでいる契約にもよりますが、基本的にスマートフォンが独自にインターネットを閲覧することができるようになっていて、複数台のスマートフォンを契約する場合はそれぞれに通信費用が発生するため、合わせると金額がかなり高額になることが想定されます。

しかし、Wi-Fiを利用するとルーターから発する電波を利用してインターネットを行うことができるため、複数台のスマートフォンがあってもWi-Fiに対応していれば、それぞれの携帯電話会社に通信費用を支払うことなくインターネットを楽しむことができるようになっています。

wimax2+というのはこのルーターの部分にあたり、wimax2+でWi-Fiをするというのが表現としては正しくなっていますが、そのためwimax2+を利用してインターネットを利用する場合はWi-Fiに対応しているスマートフォンやパソコンが必要になります。

wimax2+とLTEの違い

自宅にインターネット回線を引いている場合は、それを利用してパソコンやスマートフォンでインターネットを楽しむことができるようになっていますが、インターネット回線を引いていない場合はインターネットを利用するために通信手段が必要になってきます。

最近のパソコンやスマートフォンはWi-Fiに対応している機種が多いということもあって、インターネット回線が無くても、インターネットに必要な回線が利用できるルーターさえあればインターネットを楽しむことができるようになっていますが、wimax2+というのはこのルーターの部分で、Wi-Fiの設定を機械側ですることで独自で回線を引いてなくてもインターネットを楽しむことができるようになっています。

同じインターネットの回線にLTEがありますが、LTEの場合はwimax2+に比べるとインターネットの通信速度が少し不安定という特徴があり、速度制限もあるため使用が頻繁になってくると通信制限がかけられることになります。

昔はそこまで大きなデータのやりとりが無かったため、通信制限がかかることも少なかったのですが、最近では常時インターネット回線に繋いでいるような状態になっているため、思っている以上に通信の利用が多くなっています。

また、wimax2+の場合は月額費用が安く持ち運びができるということで、複数台のパソコンやスマートフォンでインターネットを楽しみたい場合もメリットが高くなっていて、外出先で頻繁にインターネットが必要な人にもおすすめとなっています。

wimax2+と3Gの違い

インターネットの通信方法には様々な規格があり、新しい規格がどんどん誕生しているということで、これまでにインターネットにあまり触れてこなかった人からすると、どの通信速度にどのようなメリットがあって、どのようなデメリットがあるのか分からないと思いますが、wimax2+と並んで有名な通信規格に3Gがあります。

3Gと言えば、スマートフォンによっては3G回線でインターネットをする場合があるため、どのような通信規格か分からない場合でも3Gという名称を知っているという人は多くいるのではないかと思いますが、3Gも安定した通信速度で高い人気の通信規格となっています。

wimax2+と3Gの大きな違いと言えば、通信速度と対応エリアですが、基本的にwimax2+の方が通信速度は早くインターネットを負担無く楽しむことができるものの、wimax2+の通信エリアは3Gに比べると狭くなっていて、場所によってはwimax2+が利用できないケースもあります。

3Gはwimax2+の反対で通信速度はそこまで早くありませんが、対応エリアが非常に広いということで、どこに行っても安心してインターネットを利用することができるというメリットがありますが、wimax2+は対応エリアにばらつきがあるということで、移動中の使用よりは自宅やオフィスでの使用が向いています。

一方で、3Gはスマートフォンにも使用されている通信規格ということで移動中でも安心して使用することができますが、通信速度などの面から考えると自宅にいる場合はwimax2+の利用メリットが高くなっています。

 


 - wimax2+