格安スマホ人気機種おすすめは? 評判の良い格安SIMランキング

【2016年最新】格安スマホはどこがいい?購入した人の評判や評価・感想から人気・おすすめを捜査中/格安スマホ捜査課

*

新生銀行に生まれ変わったレイク

      2016/08/14

新生銀行に生まれ変わるきっかけ

消費者金融大手のレイクはキャッシングを利用したことのない人でも、名前だけは知っているという人も多いと思いますが、レイクは消費者金融会社のイメージ回復に努め、先進的な金融サービスを行ったことで消費者金融としての地位を確実に築き上げてきました。

21世紀に入りレイクは新生銀行の傘下に入ることになりましたが、レイクという名称があまりにも知られていたことから新生銀行の傘下に入った後もカードローンの名称にレイクを残したままとなっており、新生銀行のカードローンというとレイクになっています。

レイクという名称は残ったままなので、レイクと聞くと消費者金融というイメージが頭に浮かびますが、レイクは紛れもない銀行になっているので、消費者金融会社とはサービス内容も仕組みも異なっています。

レイクになってスマホ完結のサービスをするようになりましたが、消費者金融会社でのweb完結のような仕組みはあったものの、銀行のweb完結のような仕組みはレイクが初めてとなっています。

消費者金融が資金力の大きな銀行の傘下になるケースは多くなっていますが、ほとんどのところで消費者金融という形態を崩していないのに対して、レイクの場合は消費者金融時際のノウハウを銀行に形を変えて継ぐことを目的としているため、消費者金融会社としての形を崩して銀行になったわけですが、それぞれのメリットを引き継いでいるので賢い使い方をすることで便利に利用することができます。

銀行のメリット

消費者金融からお金を借りるのと銀行からお金を借りるのでは、銀行から借りた方が安全なイメージがありますが、実際は消費者金融と銀行のカードローンの内容に大差はなく、金利に関してもそこまで変わらないのにも関わらず、このようなイメージの差がでるのは消費者金融が怖いというイメージが定着しているためで、反対に銀行は安心というイメージが定着しているためです。

レイクは消費者金融としての歴史もあり、現在は銀行という形態を取っていることから両方の状態でお金の貸し借りをしていたのですが、やはり同じ金利であっても新生銀行のレイクと言われた方が安心して借りることができます。

もちろん消費者金融であっても安心してお金を借りることはできますが、消費者金融は金利をメインの収入源として、銀行は預金と金利を上手く循環させることで利益を生んでいることから収益を得る仕組みとしてもどことなく銀行の方が安心な気がします。

また、サービスは銀行の方が悪いと言われていますが、新生銀行のレイクではスマホ完結と言われるようなサービスを早い段階から提供しているのに加えて、金利のキャンペーンも積極的に行っていることから新生銀行のキャッシングは賢い使い方をすることでより利便性の高いキャッシングサービスを受けることが可能になります。

また、銀行ならではの金利の低さもメリットと言えますが、消費者金融並みの融資速度であることからレイクはおすすめです。

銀行のデメリット

カードローンと言われるキャッシングサービスを行っている金融機関は消費者金融をはじめ、銀行、最近では信販業者もカードローン事業に参入していますが、カードローン市場においては消費者金融会社と銀行のキャッシングサービスが人気を集めており、銀行は金利の低さから、消費者金融会社は審査のスピード時間が短いことからそれぞれ人気を集めています。

銀行のデメリットと言うと、融資速度の遅さが挙げられますが、消費者金融会社では即日キャッシングを可能にしているところは多くありますが、銀行は即日でのキャッシングサービスに対応していないところが多く、対応していたとしても普通預金の口座を開設していることが条件など、即日のキャッシングサービスは条件付きになっているところが多くなっています。

また、銀行のキャッシングの場合はレイクが提供しているようなスマホ完結サービスを実現しているところも少なく、無金利キャンペーンのようなお得なキャンペーンも消費者金融に比べると少なくなっています。

銀行は消費者金融会社に比べるとカードローン事業の歴史が短いことから、ノウハウは消費者金融に比べるとしっかりしていませんが、新生銀行の場合は消費者金融会社レイクのノウハウを受け継いだ上でキャッシングサービスを行うことができているため、新生銀行は賢く使うことで銀行としてのメリットと消費者金融としてのメリットの両方の恩恵を受けることができます。

銀行の金利

基本的に消費者金融会社と比べると銀行の金利の方が低くなっていますが、これは消費者金融会社が金利の収入を収益源としているのに対して銀行は顧客からの預金を預かってそれを運用するため利益を中心にしている消費者金融と違って金利は低く設定されています。

一般的に消費者金融の金利は100万円までの借り入れの場合は10%後半になっている場合がほとんどですが、銀行の金利になると10%前半で設定されている場合がほとんどで、借り入れできる金額も500万円以上のところがほとんどで、消費者金融に比べると借り入れ可能金額は多くなっています。

カードローンの金利は日割り計算で行われるようになっているので、長期的に借り入れすればするほど支払う金利の総額は多くなり、借り入れている機関が短ければ短いほど支払う金利の総額は少なくなっています。

そのため、借り入れてすぐに完済できるようであれば、金利の高低はさほど気になる要素ではないのですが、借り入れてから完済がいつになるのか分からない場合は金利が低いところで借りる方が良いと言えます。

レイクは消費者金融としてのノウハウも持っていることから融資速度は早く、スマホ完結を利用することでさらにスピーディーに融資を受けることができるようになっていますが、新生銀行としてのノウハウもあるため、金利が低くなっており、新生銀行の賢い使い方としては長期的な借り入れを視野に入れた上で返済できる時はまとめて返済するという方法があります。

総量規制と新生銀行

キャッシングサービスと言えば消費者金融会社のカードローンがずっと主流でしたが、21世紀に入ると銀行が個人向けのカードローンサービスを積極的に提供するようになりました。

最近では金利の低さや銀行というブランドから銀行のカードローンが特に人気を集めていますが、新生銀行のレイクも消費者金融時代に築き上げた消費者金融会社としての地位や銀行としてのブランドにより多くの人がキャッシングサービスを利用しています。

銀行が積極的にカードローン事業を始めた背景には総量規制が大きく関わっているとされていますが、消費者金融会社のように賃金業法で運営がされている金融機関でお金を借りる場合は年収の3分の1を超えての借り入れができなくなっています。

そのため、多額のお金が必要であっても思った以上に借りることができなくなってしまったのですが、これは多重債務者が増えたことによる予防策なので仕方がない部分もあります。

ですが、大半は返せる人なのでキャッシングサービスを利用する人にとっては利便性が悪くなったと言われています。

新生銀行をはじめとする銀行は、この総量規制による規制が無いため年収の3分の1を超えての借り入れが法律上は可能になっていますが、もともと銀行は審査が厳しいことから総量規制を超えての借り入れをするのは難しくなっています。

レイクはスマホ完結を利用することで簡単に申し込みをすることができますが、借り入れ金額は必ずしも希望通りになるとは限らないので注意しましょう。

収入証明書と新生銀行

消費者金融のキャッシングサービスを利用しようとする場合に必要な書類として挙げられるのが、身分証明書と収入証明書ですが、この収入証明書が必要になったのは最近のことで、以前は収入証明書の提出が不要だったので、昔に比べると書類を用意する手間が増えたことからキャッシングサービスの速度が早くなったとはいえ、手間も増えました。

収入証明書は賃金業法で義務付けられているため、以前のレイクでは必要な書類でしたが、新生銀行に変わった後は賃金業法による縛りがなくなったため、収入証明書を提出する義務は無くなりました。

銀行法に定められる法律が変わったことから、書類提出の義務がなくなったとはいえ、レイクでも収入証明書の提出が必要になる場合があるので、事前に確認するようにしましょう。

スマホ完結で申し込む場合も収入証明書の提出が必要になりますが、スマートフォンのカメラ機能を使って収入証明書を写真撮影してメールに添付して送信することで簡単に提出が可能になりました。

そのため、新生銀行の賢い使い方としては、収入証明書や身分証明書を撮影して事前にカメラ保存しておいて、お金を借りる必要が出た場合にスマホ完結を利用して必要書類も一緒に提出することでスムーズにキャッシングサービスを受けることが可能になります。

収入証明書は源泉徴収票をはじめ、毎月の給料明細や市民税確定の書類でも収入証明書になるため、どれか一つだけでも手元においておくとよいでしょう。


 - スマホ完結のカードローン