格安スマホ人気機種おすすめは? 評判の良い格安SIMランキング

【2016年最新】格安スマホはどこがいい?購入した人の評判や評価・感想から人気・おすすめを捜査中/格安スマホ捜査課

*

レイクとweb完結

      2016/08/14

消費者金融時代のレイク

現在では新生銀行と名前を変えているレイクは、カードローンの名称はそのままレイクとしての名称を引き継いでいますが、消費者金融時代の名前をそのまま使用しているところにレイクの知名度の高さが伺えます。

20世紀の中ごろに誕生した消費者金融レイクですが、レイクが現在のように誰にも知られるようになる消費者金融になるまでに時間はそこまでかからず、順風満帆に消費者金融としての足跡を金融市場に残してきましたが、もともと大阪で生まれた消費者金融も20世紀後半になる頃には全国規模の消費者金融にまで急成長していました。

消費者金融が生まれては消える時代であったにも関わらず、レイクがこれほどの成績を残した背景には常に時代の流れに沿ったサービスを提供してきたことが挙げられ、現在でもスマホ完結という先進的なサービスをしているようにいつの時代も最先端の技術を使用することで、利用しやすい消費者金融会社になっていました。

現在ではレイクから新生銀行に名前を変えることになりましたが、新生銀行を利用する場合もレイク時代のノウハウを引き継いでいるので、賢い使い方をすることで自分の生活の助けになるキャッシング利用をすることができます。

もちろんキャッシングはお金を借りるので、当然ながら返済もしなければなりませんが、返済計画を立てて、毎月計算をしながらお金を借り入れることで生活の大きな助けになるのでキャッシングを利用する場合は計画をきちんと立てた上で借り入れしましょう。

消費者金融のメリット

現在ではレイクから新生銀行に名前を変えて消費者金融から銀行に変わりましたが、レイク時代は消費者金融会社大手として数ある消費者金融会社で頭角を現しており、レイクが消費者金融会社で常に人気を集めていた理由には消費者金融としてのメリットを活かせることができていたということがあります。

消費者金融のメリットというと、素早いキャッシングサービスが頭に思い浮かぶと思いますが、レイクが消費者金融会社だったころは賃金業法も今ほど厳しくなかったため、キャッシングまでに時間がかかりすぎる銀行と比べると急にお金が必要になった時などの理由でキャッシングを利用するのは重宝しました。

現在では新生銀行に名前を変えたレイクですが、スマホ完結を利用することで以前に比べてさらに早いキャッシングが可能なり、銀行に名前を変えた後も消費者金融のメリットは継続している状況にあります。

キャッシングを利用する理由で多いのは、何らかの理由で急にお金が必要になったというものですが、銀行のキャッシングサービスを利用する場合は申し込みから数日間ほど融資を受けるのにかかるので即効性と言う面では優れていません。

レイクはもともとスピード融資に優れている金融機関でしたが、消費者金融の中では金利が低い部類であったため、数ある消費者金融会社の中でもバランスが取れている消費者金融として有名でしたが、新生銀行に変わった後はさらにメリットが増えました。

消費者金融のデメリット

消費者金融会社と聞くと怖いイメージを持っている人も少なくないかと思いますが、消費者金融会社を利用してしまうとたちまち多重債務に陥ってしまい、怖い取り立て屋の人に脅迫まがいの取り立てを迫られ最終的に家庭崩壊したり夜逃げすることになってしまったりするイメージがドラマや漫画などの影響もありついてしまっていました。

ですが、レイクはこの怖い消費者金融会社のイメージ払拭に力を入れていた消費者金融会社であり、さわやかなCMや親しみやすいキャラクターを採用することで、消費者金融会社でキャッシングを利用する場合の抵抗感を和らげ、誰でも安心して利用することができる金融機関というイメージを定着させることに成功しました。

また、レイクのスマホ完結のようにできるだけ利用者に負担のかからないような申し込み方法や利用方法を常に考えており、これまでに消費者金融会社を利用できなかった人でも利用しやすいような環境に整えることに成功しました。

ただし、利用者にとって利用しやすい環境になったということは、以前に比べるとお金を借り入れることに対して罪悪感や抵抗感が薄らいできたということなので、必要以上に借り入れてしまう恐れがあります。

現在では新生銀行に生まれ変わっており、消費者金融会社としてのデメリットは減りましたが、賢い使い方をしないと多重債務に陥る危険性があるというのは、消費者金融も銀行も同じなので注意する必要があります。

消費者金融の金利

消費者金融会社のキャッシングサービスというと、金利の高さを思い浮かべる人も少なくないと思いますが、銀行は預金による資金プールが常にある状態なので、金利を高くして金利収入を得るというよりは、できるだけ安い金利で貸し付けてきっちり返してもらうということに重点を置いてキャッシングサービスを提供していますが、消費者金融会社の場合は金利の収入が消費者金融会社の利益に繋がっているため、金利を高く設定している場合が多くなっています。

消費者金融は高い金利設定にしていますが、これは借り入れたお金を返済できなくなって自己破産をする人が多いというのも要因の一つとなっており、自己破産されるとお金は一銭も返ってこなくなるため、リスク回避の為に保障会社などを仲介させることで、もともと高いキャッシングサービスの金利がさらに高くなってしまっています。

もちろんヤミ金業者になると利益を優先させるので、金利も法外な金利設定にしていますが、きちんと登録を受けている消費者金融会社に関しては賃金業法という法律の下できちんと運営がされているため、悪質な業者はほとんどいません。

新生銀行に変わったレイクは銀行に変わったことで金利も下がりましたが、それでも銀行の中では金利が高い部類に入っています。

最近ではスマホ完結のような便利な仕組みができたことで、人件費などのコスト削減が可能になったので、銀行と消費者金融の金利差も減りつつあります。

レイクとスマートフォン

レイクと言えばスマートフォンを利用して手続きを進めることが可能なスマホ完結が有名ですが、インターネット環境とインターネットを使えるスマートフォン機器があればどこからでも申し込みをすることができるとあって、多くの人から高い支持を得ていますが、スマホ完結という仕組みができたことで、レイクは店舗運営費や人件費などのコスト削減が可能になったため、以前に比べると金利は低くなり、無利息キャンペーンなども積極的に行うことが可能になりました。

パソコンを使ってキャッシングのサービスを行っていたところはありましたが、パソコンはいつでも持ち運んで利用できるという利便性の高さはスマートフォンに比べるとないため、スマホ完結のように普及することはありませんでした。

また、最近になりレイクは消費者金融会社ではなく新生銀行に変わったことから、もともと金利の低い銀行システムの恩恵を受けながらのキャッシングサービスが可能になったため、賢い使い方をすることでさらに便利にキャッシングを利用することができます。

ただし、スマートフォンによるキャッシングが便利になったからといってインターネットでの取引に完全依存するのは危険で、インターネットを利用することで個人情報を抜き取られたり、アカウントを乗っ取られる危険性があるため、スマートフォンを使ってキャッシングサービスを利用する場合はインターネットの怖さを認識した上で利用しましょう。

賃金業法とレイク

レイクには、消費者金融としてのレイクと新生銀行としてのレイクがありますが、消費者金融会社時代を経験してきたレイクならではのキャッシングサービスが人気を集めており、銀行という信用性もプラス要素として働いていることから新生銀行レイクのスマホ完結を利用してカードローンの申し込みをする人は増えていますが、消費者金融会社と銀行ではそれぞれ元になっている法律が異なっているため、金利や条件なども異なりがみられます。

賃金業法によって運営されているレイクですが、賃金業法には様々な制限がかかっており、その中でも有名なのが総量規制という制度で、この総量規制が誕生したことによって、必要以上の借り入れができなくなりました。

レイクは新生銀行に変わり適用されるのは銀行法であることから、総量規制に関しても現在では関係が無くなっていますが、総量規制という制度ができた背景には必要以上にお金を借り入れる人が増えたことによる多重債務者の増加が要因となっており、賢い使い方をすれば本来は多重債務に陥ることはないのですが、カードローンの利便性に甘えて多重債務に陥る人は多くなっています。

レイクは賃金業法による縛りが無くなったとはいえ、スマホ完結のような便利な仕組みができたことでレイクのキャッシングを利用しても、多重債務に陥る危険性は十分にあるので、キャッシングサービスを利用する場合は計画をきちんと立てて完済しましょう。


 - スマホ完結のカードローン