格安スマホ人気機種おすすめは? 評判の良い格安SIMランキング

【2016年最新】格安スマホはどこがいい?購入した人の評判や評価・感想から人気・おすすめを捜査中/格安スマホ捜査課

*

料金やサービスの良し悪しで選ぶSIMカード

      2016/08/14

SIMカード選びのために月額通信料をチェック

格安SIMカードを選ぶのであれば、やはりもっとも気になるのは通信料です。

誰だってより良いものが欲しいと思うものですが、どれだけ良いものであったとしても、それが割高となると、なかなか手を出しにくいものです。

逆に、ちょっと製品としての質が悪くても、値段が割安であるなら、意外と魅力的に感じるものなのです。

そしてそれはカード選びにおいても同様であり、やはりどうせ選ぶなら、ちょっとサービスの質が悪くても良いから、通信料が安いカードが欲しいという人は非常に多いのです。

そういった意味で言うと、格安SIMカードというのは選ぶ幅が非常に広い商品です。

もっとも通信料が安い格安SIMカードとなると、かなりのデータ通信量に対する制限がかけられていたり、あるいは通話機能やショートメール機能などがついていなかったりと、携帯端末として非常に不便なカードとなります。

逆に、通信料が高い格安SIMカードを選ぶと、データ通信量の制限がかなりおおらかだったり、通話機能やショートメール機能の他にも様々なサービスプランが用意されていたりと、大手通信業者のカードに近い性能を発揮してくれます。

このように、格安SIMカードにおいては、通信料はそのまま機能性に大きく直結する要素であるため、もしも通信料でカードを選ぶのであれば、どこまで機能性を妥協できるか、あるいはどこまでの機能が欲しいかを明確にすることが大切です。

あらかじめ月額通信料でそれぞれの商品を区分けしておき、そこからどこまでの機能性を求めるか、通信料を考えた上で選ぶと良いです。

SIMカード選びのために初期費用をチェック

格安SIMカードというものは、カードを購入して、さらにSIMカードフリーの本体があれば、問題なく使用できるかというと、そうとは限りません。

いくら本体とカードがあったとしても、色々と初期設定しなければならないことがあるため、場合によっては初期費用としていくらかコストが必要になる場合があるのです。

具体的には、SMS機能やMNPを利用するために、どうしても色々と手続きをする必要があり、それで初期費用を要求されることがあるのです。

実際、直販サイトを利用すると事故手数料という初期費用が必要になることは多いです。

なお、電化販売店やショッピングサイトで格安SIMカードを購入した場合は、そういった初期費用は要求されず、購入代金のみですむことが多いです。

そのため、初期費用を抑えたいのであれば、そういった小売店で格安SIMカードを購入するのが良いです。

それに販売店では、アドバイスしてくれるスタッフが在中していますし、場合によっては無料でサポートしてくれるサービスをしてくれるスタッフがいるので、分からないことがあればそういったスタッフに聞いてみれば、初心者でも問題なく初期設定を行なうことができます。

そのため、メーカーに問い合わせたり、サポートを要求する必要がないため、もしも初期設定で困った時などは非常に助かります。

メーカーによっては、サポートサービスを有料にして、初期設定を要求してくれるなんてことをしてくる可能性も無いわけではないので、初期費用が気になるなら、小売店は非常に便利であると言えます。

ともあれ、初期費用を抑える一番効果的な方法は、選択時に初期費用のかからない商品を選ぶことなので、選ぶ際には注意すると良いです。

 

最低利用期間と違約金をチェック

大手通信業者のSIMカードを利用する際には、必ず最低利用期間というものが設定されています。

最低利用期間とは、簡単にいえば例外を除いて解約することができない期間のことであり、その期間中はよほどイレギュラーとなる問題が発生しない限りは、契約を結んだ業者と契約し続けることが義務付けられます。

そしてまた、もしも最低利用期間中に契約を解約したいというのなら、違約金を支払うことになるのです。

そのため、大手通信業者のカードを利用して携帯端末を使う方は、簡単には違うメーカーの機種を利用したりすることができなくなるわけです。

そしてまた、実のところ、格安SIMカードにおいても、最低利用期間が設定されている場合があるので、注意しなければなりません。

もちろん、中には最低利用期間が設定されていないものもありますが、逆に最低利用期間が設定されている商品もあるため、格安タイプのカード選びの際には気をつけましょう。

格安SIMカードの売りの1つは、SIMカードフリーによる機種やメーカーに縛られない自由性にあります。

しかしながら、もしも最低利用期間が設定されているカードを選んでしまった場合は、その自由性が縛られてしまうことになるのです。

だからこそ、もしも格安SIMカードの自由性に魅力を感じて利用するつもりであるなら、最低利用期間については気をつけるべきなのです。

最低利用期間がない商品か、あるいは最低利用期間が短い商品を選ぶのが大事であり、間違っても最低利用期間が年単位で大手通信業者と変わらないような商品を選ばないことが大切です。

利用できるSIMカードの枚数をチェック

格安SIMカードを選ぶ場合において、どんなサービスプランがあるのかチェックするのはとても大切なことです。

実際、より良いサービスプランがあれば、それだけ便利になるのだから、できる限りサービスプランはチェックしておきたいところですし、サービスプランが充実している格安SIMカードを選びたいところです。

ともあれ、メーカーやカードの種類によって用意されているサービスプランは様々であるため、より良いサービスプランを見つけるには、色々と調べる必要があります。

そんなサービスプランですが、中には複数のカードを持つことができるものがあります。

格安SIMカードは様々な機種を利用できる自由性が魅力ですが、いくら自由性があるとはいえ、複数のカードを持つのは難しいところがあります。

実際、複数のカードを持ちたい場合、それぞれのカードごとに色々と手続きをする必要があり、1つのカードの手続きをすれば、複数のカードを持って良いというわけではないのです。

ですが、複数のカードを持っても問題と定義しているサービスプランを実施している格安SIMカードならば話は別です。

そういったカードの場合、そのカードの手続きさえしてしまえば、複数枚の格安カードを一律で利用することができるのです。

それさえあれば、一回の手続きで家族用に複数のカードを購入して利用することができたりするため、カードが複数必要という人にとっては非常に魅力的なサービスプランなのです。

そのため、複数のカードが欲しいと考えているなら、そういった複数枚のカードを持つことができるプランが用意されている格安SIMカードを探してみると良いです。

通信容量の繰越サービスをチェック

格安SIMカードを利用する場合において、何かとネックになるのが通信容量の制限です。

最初に設定されているデータ通信量を超えると、通信速度が制限されるこの特徴は、格安SIMカードを利用する方にとって非常に頭を悩ませることになります。

実際、この特徴があるために、格安SIMカードを見限ってもっと自由にデータ通信ができる大手通信業者のSIMカードを選ぶ人もおり、決して見過ごせない問題であると言えます。

この問題を解決とまではいかなくても、マシにするための手段として有効なのが、繰越サービスの存在です。

繰越サービスとは、簡単にいえば前月に余ってしまったデータ通信容量を、翌月のストックとして繰り越すことができるというサービスになります。

そもそも、データ通信というのは、人によって利用する状況が異なるものであるため、全くデータ通信をしない時だってあるものです。

そのため、人によっては今月はあまりデータ通信を使わなかったため、データ容量があまって勿体無いことをするようなことだってありえるわけです。

そういった時に、繰越サービスがあれば、翌月に余った通信量を繰り越せるため、翌月にたくさんデータ通信をしなければならない時があっても安心ですし、何よりもせっかくの通信容量が無駄にならなくてすむのです。

また、繰越サービスは日常的にデータ通信をたくさん利用している人にとってはあまり意味のないものですが、データ通信の利用を限定的に節約したりすれば、多少なりとも通信容量の問題を対策することができるため、使い方次第では非常に有益なものとなります。

このように、繰越サービスは意外と魅力的なサービスなので、格安SIMカードを選ぶ際には繰越サービスの存在に注目してみるのもありです。

通信容量の追加サービスをチェック

格安SIMカードを利用するのであれば、やはりどうしても気になるのが通信容量です。

格安SIMカードはあらかじめ決められた通信容量を超えるデータを取得すれば、利用制限がかけられてしまうようになっています。

そのため、快適にデータ通信サービスを利用したいなら、使用するデータ容量に注意するか、あるいは最初からデータ容量が大きい格安SIMカードを選ぶ必要があるわけです。

しかしながら、どれだけ注意してデータ容量を絞っていたとしても、あるいはどれだけ容量の大きい格安SIMカードを選んでいたとしても、時と場合によっては容量オーバーしてしまうことはあります。

そして利用制限がかけられてしまい、高速データ通信ができなくなってしまうなんてことは、可能性としては十分にありえる話です。

ともあれ、利用制限がかけられてしまっても、それでも高速データ通信を利用したいという方もいることでしょう。

そんな方におすすめなのが、通信容量の追加サービスです。

このサービスは、簡単にいえば通信容量を追加してもらうことで、通信容量を底上げして、利用制限を緩和するサービスになります。

このサービスを利用すれば、通信容量がより大きくなるためデータ通信サービスを利用しやすくなりますし、利用制限がかけられても、制限が解除されることになるのです。

ただし、追加サービスを利用するために追加料金が必要となるため、追加サービスを利用する際には料金に注意しなければなりません。

ともあれ、いざという時に高速データ通信の利用制限に対する保険があるのは決して悪いことではないため、格安SIMカードを選ぶ際には、通信容量の追加サービスについてチェックしておくと良いです。

SIMカードの規格をチェック

格安SIMカードを利用してSIMカードフリーの携帯端末を利用するつもりであるなら、注意しなければならないのはカードの規格サイズです。

実のところ、SIMカードには三種類の規格サイズが存在しています。

そしてまた、携帯端末によって適切な規格サイズが異なっていることがあるのです。

このあたりは、個人でカードを選んで購入できる格安SIMカードならではの問題であると言えます。

実際、大手通信業者の場合は端末とカードをセットにしたり、あるいはお店のスタッフが見繕ってくれるため、そういったことは気にしなくても良いのですが、格安タイプのカードの場合は自分でカードを選ぶ関係上、規格サイズにも注意しなければならないのです。

なお、サイズの種類は標準サイズSIMに、MicroサイズSIMに、NanoサイズSIMの3タイプが存在します。

スマートホンやタブレットの場合、Microサイズのカードが適応していることが多いと言われていますが、必ずというわけではないので、格安タイプのカードを選ぶ際には事前に利用する予定の端末の対応カードサイズを確認しておくようにしましょう。

また、もし間違った規格サイズの格安タイプのカードを購入してしまった場合、メーカーに問い合わせれば規格サイズを変更してもらうことは可能ですが、変更料を要求されてしまうので注意しましょう。

それと、サイズの大小に適応させるための変換アダプターやカットツールなども存在するため、そういった商品を使うのもありですが、やはり元々のサイズが異なるため、不備が発生する可能性があるので、できるだけ適切なサイズの格安SIMカードを選ぶことを心がけるべきであると言えます。

SIMフリー端末をチェック

格安SIMカードには様々な種類があるため、どのカードを使うか選ぶ必要があります。

しかしながら、たとえどれだけ優れた格安タイプのカードを見つけたとしても、それが使えなければ意味がありません。

格安タイプのカードを使うには、SIMカードフリーの携帯端末が必要ですが、SIMカードフリーの携帯端末にも色々なものがあるため、場合によってはせっかく買ったカードが使えないなんてこともありえるのです。

そのため、格安タイプのカードを選ぶ際には、カードと同時進行で、携帯端末についてもチェックしておくべきであると言えます。

チェックするべき要素としては、まず第一としてSIMカードフリーであり格安タイプカードが使える端末であることに注意しなければなりません。

そしてまた、自分が欲しいと考えている格安タイプのカードにちゃんと対応している端末であるか確認することも大切です。

それと、端末によっては格安タイプのカードの規格サイズが異なることもあるため、欲しいカードの規格サイズと一致するか携帯端末をチェックしておくと良いです。

また、カードの機能やサービスも重要ですが、利用する携帯端末の機能がたいしたことがない場合は、せっかく良いカードを見つけても、十分にその性能を活かせないことがあります。

そのため、携帯端末のスペックや機能、またサービスについてもしっかりとチェックして、購入予定の格安SIMカードの機能をしっかり活かすことができるような商品を探すべきであると言えます。

実績や信頼性をチェック

格安SIMカードを選ぶのであれば、実績や信頼性についてチェックしてみるのも有効です。

今の時代、インターネットを利用すればたいていの情報を得ることができます。

そんなネットを使えば、カードのスペックなどはもちろん、今までで何か問題を起こしていないかといった実績などについて調べることが可能です。

そしてまた、最近は感想や口コミの情報を掲載している情報サイトもあるため、そういったサイトを視聴すれば、実際に商品を利用した人の意見を知ることができます。

実際に商品を使ってみた人の意見というものは非常に参考になりますし、その商品に対する信頼性を測る上で良い基準となってくれることでしょう。

いずれにせよ、大切なのは情報を調べて、そしてまた調べた情報を解析することです。

少なくとも、一切情報を調べることなく、フィーリングで格安SIMカードを選んでも、良いことはあまりありません。

もちろん、そういった選び方をすると必ず失敗するというわけではありませんが、そういった感性や目先の情報頼りで商品を選ぶと、半ば運任せの選び方となるため、悪い商品をつかんでしまう可能性も相応に高いのです。

だからこそ、確実により良い格安SIMカードを求めるのであれば、事前に情報を集めて、そしてまたできるなら、一度欲しい格安SIMカードについて見繕った上で、そのカードについて調べあげてから、購入するかどうか決めることをおすすめします。

かなり手間暇がかかる方法ではありますが、これだけ色々調べれば、かなり高確率で満足できる格安SIMカードを選ぶことができるため、より良いものを求めるなら、妥協せずに下調べを頑張るべきなのです。


 - 格安スマホ/SIMフリーの基礎知識