格安スマホ人気機種おすすめは? 評判の良い格安SIMランキング

【2016年最新】格安スマホはどこがいい?購入した人の評判や評価・感想から人気・おすすめを捜査中/格安スマホ捜査課

*

上手に格安スマホを使おう!

      2016/08/14

もっとも安く格安スマホを利用する

従来のスマートフォンは端末も通信費も高く便利さはあるものの、ある意味では贅沢品とも呼べるような代物でした。ところが、格安スマホの出現でスマートフォン自体の概念というものが変わってきているように思えます。普通の携帯電話並、もしくはそれ以下で格安スマホであれば毎日利用することが可能となっているのです。どうせ格安スマホを利用するのであれば徹底的に安く利用できないものかと考えた時に、まず一番に引っかかってくるのは端末の料金ということになります。現状ではNTTドコモのスマートフォンであるかSIMフリーに対応しているスマートフォンを持っているのであれば、そのスマートフォンをそのまま利用することが可能です。つまり、端末代は0円ということになります。その上で、通信費を見て行きましょう。格安スマホはデーター通信専用のSIMカードと音声通話付きのSIMカードから選択をすることが可能となっています。金額的にはデーター通信専用のSIMカードを購入したほうが断然安く付くことになります。データー通信専用とは言ってもLINEを利用したりIP電話のアプリを導入することで通話を利用することは可能なのです。そのため、通話に利用する場面ということが限られている時にしか利用しないということであればデーター通信専用のSIMカードでも十分ということができるのです。金額的には上手にMVNOを選択することが出来たのならば通信費が毎月1,00円もかからずに利用することも可能なのです。

格安スマホを使いこなす

格安スマホも世の中に登場してきてから随分と浸透してきました。2015年の5月からSIMロック解除も義務付けられることから、その浸透のスピードは更に進んでいくものと思われます。格安スマホを上手に使いこなすということは従来のスマホと極力同じ環境を作るということになります。格安スマホがいくら値段が安いからといっても、やたらとできることに制限があったり従来のスマホと比べて見劣りする部分があまりに大きいと使いこなすことなど到底無理ということになるからです。従来のスマートフォンから格安スマホに乗り換えるのであれば大前提として電話番号は今までのものを引き継ぎたいと思うものです。番号が変わってしまうと知人に連絡を入れないといけないというような煩わしさが発生してくるからです。格安スマホでも電話番号の引き継ぎは可能ですので手続きを取りましょう。格安スマホを使いこなす大切なポイントは自分が格安スマホで何をしたいのかということです。従来のスマートフォンを持っていても人によって違いはあるものの不要であった機能はたくさんあるはずです。それらを捨ててしまって本当に必要な機能だけを有しているものを選択するという気持ちが大切なのです。通話重視なのかメール重視なのかSNS重視なのかといったような違いで選択する格安スマホも変わってくるのです。日頃、スマートフォンを利用する時に今まで何をメインに利用していたのかを振り返ると自ずとどうしたら良いかという選択は見えてくるはずなのです。

格安スマホのセキュリティ

パソコンを利用するのにウイルスソフトを入れるというのは今では割りと一般的になっています。しかし、スマートフォンを利用するのにセキュリティソフトを入れているという人は意外と少ないかもしれません。日常使用しているとそれほど必要性を感じないような気もします。スマートフォンの利用でウイルスがらみで問題が起こる場合はわけのわからないところからアプリをダウンロードするということから起こる場合がほとんどのようです。基本的には正体の分からないアプリには触れないということを徹底しておけば問題はないといえるかもしれません。それでも心配ならばスマートフォン用のセキュリティソフトを入れておくと良いでしょう。料金的には2,000円程度で入れることが可能となっています。これは格安スマホであっても同じこととなります。格安スマホもMVNOによってはセキュリティソフトも含めた上でのパック料金を展開している業者もあるようですので、契約時に確認をしておくとよいでしょう。格安スマホではセキュリティソフト以上に気をつけておきたいこともあります。それは紛失ということです。従来のスマートフォンでも紛失をした場合は必死になって探しだす方策を取るでしょうが、格安スマホの場合はSIMカードがフリーとなっていますので余計に気を付けたほうが良いとも言えるのです。格安スマホだと仮に紛失しても安いから良いかという気持ちになってしまうかもしれませんが、悪意を持った人に拾われるととんでもないことになる可能性もあるということなのです。

格安スマホの注意点

毎月のかかる通信費をかなりの部分で抑えることができる格安スマホは理想的ではあります。しかし、格安スマホを導入するにあたっては注意をしておきたいことがいくつかあります。それは従来のスマホとは少し違うところがあるというところです。従来のスマートフォンと同じように使えると思って格安スマホの契約をすると思わぬ落とし穴があるということを理解しておく必要があるでしょう。まずは、従来のスマートフォンの大手キヤリアのメールアドレスは引き継ぎできないということです。格安スマホでの専用のメールアドレスの装備は基本的にはありません。無料のメールアドレスなどを別途で取得する必要があるということです。また、多くの格安スマホの場合、音声通話付与タイプのSIMカードを選んだとして大手キャリアなどで行われている通話に関するかけ放題的なプランがないということです。気にせずに通話をジャンジャンしていると思わぬ請求をされることとなってしまうのです。これを防ぐにはIP電話などのアプリを導入すると対処が可能となっていますが、従来の大手キャリアのスマートフォンからの電話番号を引き継ぐことは出来ないということを知っておきましょう。通信速度においても今までのスマートフォンのように容量が大きいわけではありませんので、人によっては容量をすぐに超えてしまい制限がかかってしまう可能性があるということも注意をしておきたい点です。このように従来のスマートフォンとは使い勝手が変わってくる部分があるということは予め周知しておいたほうが良いといえるのです。

格安スマホでアプリを上手に利用しよう

通常の携帯電話や従来のスマートフォンにあったような機能は格安スマホにおいても基本的には標準として装備をされています。スマートフォンにおいては便利に楽しく利用しておくためにはアプリの活用というのがとても大きなウエイトを占めています。もちろん、格安スマホについてもアプリを導入することは従来のスマートフォンと同じで可能となっています。従来のスマートフォンでアプリを入れていくということは自分自身の嗜好や趣味にあったものを入れていけば良かったのであって、絶対にアプリを入れないといけないというわけではありませんでした。ところが格安スマホに関してはアプリの活用は不可欠となる部分が多いのではないかと思われます。それは格安スマホでは従来のスマートフォンに比べて標準状態では出来ないことが何点か存在するということです。たとえば、通話に関してです。音声通話ができるSIMカードを購入しても基本的にはどこへどれだけかけても通話料金がかからないというプランは格安スマホには存在していないということです。この場合はLINEアプリなどいれるかIP電話が使えるアプリを入れるとか通話に関してお得な条件を生み出すようなアプリを格安スマホに入れるということは必須条件となってくるでしょう。このように格安スマホには従来のスマートフォンとは少し使い勝手が違っている部分があるのです。その多くの部分はアプリなどを導入することで解決をできることが多いようですので、アプリを活用する事こそが格安スマホを上手に活用できる近道ということになるのです。

今後の格安スマホ

スマートフォン自体の普及率も全体の5割を超えてきた中での格安スマホの出現は今後、ますますガラケーからスマートフォンへ移行をする人やガラケーや従来のスマートフォンに加えて2台目としての携帯電話の位置づけとして格安スマホを持つ人が増えていくことを助長すると思われます。格安スマホのMVNOに関しても今まで以上に参入も増えていき、その市場もより競争が激化していくものと思われます。競争が激化していくことは消費者にとっては良いことです。よりサービスのグレードの上がったプランが安価で出てくる可能性が高くなるからです。SIMロック解除も大手キャリアには義務付けられるということも始まることから格安スマホの浸透ということに関してはこれからが本番を迎えると言っても良い時期に来ていると言えます。当面、宣伝も含めて世の中は格安スマホの話題で事欠かないような時期が続くものと思われますが、格安スマホのMVNOにとっては顧客の獲得も大きなことでしょうが、通信速度の充実を図ることが目先の大きな課題となってくるのは目に見えています。限られた容量を増えていく顧客で使い続けるということは実質的にはサービスの低下にもなりかねないからです。つまり通信速度が公表値よりも大幅に遅くなりクレームの対象になりうるということです。すでにこの問題は起きているMVNOも存在しているようですが、いかにして通信速度や容量の安定化を図っていくかがMVNOにとっては死活問題となってきそうです。


 - 格安スマホ/SIMフリーの基礎知識