格安スマホ人気機種おすすめは? 評判の良い格安SIMランキング

【2016年最新】格安スマホはどこがいい?購入した人の評判や評価・感想から人気・おすすめを捜査中/格安スマホ捜査課

*

格安スマホのメリット・デメリット、ガラケーとの違い

      2016/08/14

格安スマホとは

スマートフォンと言えば便利で良いのだけれども、端末の料金も5万も6万もするし通信代なども毎月安くても6千円程度はかかってしまう家計の中でも費用がかかる上位に食い込むような機器でした。スマートフォンを持ちたくても高すぎて持てないというような人も存在していたのは確かなことです。そこで登場してきたのが格安スマホということになります。格安スマホとはいったいどのようなものなのでしょうか。格安スマホは通信に必ず必要となるSIMカードを自由に取り替えることができるスマートフォンと格安なSIMカードによるプランを利用して総合的に格安になるようにできているスマートフォンのこととなります。格安になる部分はスマートフォンの通信料金ということになります。格安スマホを扱っている業者によって料金の違いはあるものの、通常のスマートフォンの利用料金よりも3分の1から4分の1程度の料金である場合がほとんどとなっています。この部分は非常に画期的だと言えます。スマートフォンは今や一人が一台持っている様な時代です。家族が4人いるとしたらスマートフォンの通信料金が格安スマホにすることで相当に安く抑えることができるというのは目に見えて分かるというものです。家計にとっては非常に優しい金額設定のスマートフォンであるといえるのです。格安スマホは従来のキャリアではなく通信業者以外の企業が数多く参入しています。それぞれに特徴があるので熟知の上、どこに加入するかを決めるべきでしょう。

スマホとガラケーの違い

ガラケーとはガラパゴス携帯のことですが、今では一般的にはスマートフォンではない従来からある携帯電話のことを全般にこのように呼んでいます。ガラケーとスマートフォンは根本的には電話であるということは同じです。ただ、スマートフォンの場合はただの電話であるいう部分を超越している部分が数多くあるのが特徴です。これは従来のスマートフォンも格安スマホについても同じことが言えます。ガラケーとスマートフォンの違いを見ていきますと、何と言っても見た目で違う部分、画面の大きさにあります。画面が大きいので見やすいということが言えるでしょう。また、Webを閲覧しようと思うとガラケーでは上手に見ることが出来ない場合が多いのに対して、格安スマホを含めたスマートフォンは適合したサイズで色々なWebを閲覧しやすくなっています。最近のネットではSNSなどのコミュニケーションを取ることができるツールは必須といっても良い時代です。パソコンを持っていればそうしたツールも色々と利用できるのですが、ガラケーでは出来ない部分もあります。一方の従来のスマートフォンや格安スマホについてはそれらのツールが全て利用可能となっています。また、スマートフォンの特長でもあるアプリに関してはガラケーでは利用できません。アプリにはありとあらゆる便利で楽しいツールが用意されており、特にスマートフォンにアプリをどんどん増やしていくことでスマートフォン自体の機能が向上していくというのはガラケーでは考えられない決定的な違いとなっているのです。

格安スマホと普通のスマホの違い

大手キャリアを利用することになる従来からのスマートフォンと最近話題にとなっている格安スマホとの違いはいくつかあります。しかし、機能的には使う人によってはまったく差がないのと同じような感覚となる場合も多いでしょう。従来型のスマートフォンと格安スマホとの違いで最も大きな点としてはその通信料などの毎月かかってくる費用の差でしょう。格安スマホはかなり料金設定が安くなっているので、子供用に持たすとか複数台のスマホを持つといった場合には大きな味方となってくるものです。ただ、使用できる通信容量のデーターは違いが出てくる可能性が高くなります。従来のスマートフォンであれば7GBを1ヶ月あたりの最大通信容量としている場合が多いのですが、格安スマホの場合は2GB程度のことが多いようです。これは追加でデーター容量を加える事も可能ですが標準的な部分では違いが出てくるということになります。また、もう一つの違いといえばメールアドレスということになります。格安スマホでは大手キャリアのメールアドレスであるdocomoやau、softbankなどのドメインのメールアドレスは使用ができないこととなります。大手キャリアが提供しているサービスなども利用できなくなる部分も増えてくることになりますので、多少の不便さは感じることはあるかもしれません。しかしながら機能的には他に差異はほとんどなく、日頃から電話とメールとWebの閲覧がメインという様な人には費用が安くつく格安スマホで十分といえるのかもしれません。

格安スマホのメリット

格安スマホのメリットは言うまでもなく価格が安いということに尽きます。従来の大手キャリアのスマートフォンを利用するよりも月額基本料金が大幅に安くなるのです。そのうえ、スマートフォン端末の値段もSIMフリーに対応している端末を購入しなくてはいけませんが、従来の5万円以上もするような端末を用意しなくても手に入れることができるというのも価格的なメリットは大きいと思われます。つまり、初期費用も抑えることが出来て月額のランニングコストも抑えることが可能であるということになります。格安スマホであったとしても本来、スマートフォンが持っている機能はすべて取り揃えているというところもメリットとして取れるでしょう。とかく安いものは機能的に劣るとか、操作が古臭いなどといったことがあるものなのですが、そうした点が見受けられないというのは申し分のない点ではあります。大手キャリアが提供しているスマートフォンは料金体系が非常にややっこしいものとなっております。契約時に話を聞いていても全てを理解している人は少ないのではないでしょうか。また、契約途中であっても料金体系が変更されてしまうことなどもありユーザー側から見ると不透明な部分が多いのも否めません。ところが、格安スマホはそのようなややっこしいプランが比較的少ないようです。誰が見ても理解しやすい料金体系となっているのです。これは単純なことですが非常に大切なことです。今後、格安スマホが普及していく鍵とも言える部分ではないかと思われます。

格安スマホのデメリット

格安スマホの良くない点、つまりデメリットを探していきますと筆頭にあげることができるものとしては従来のスマートフォンと違って端末を購入して契約をしてもメールアドレスが付いてこないという点となるのではないでしょうか。docomoやauなどのドメイン付きのアドレスは元よりメールアドレスは何も付いていないのです。しかし、今どきはgmailなどのフリーのメールアドレスを簡単に取得できるのであまり不便さは感じることもないかもしれなせん。ただ、メールを相手に送信した時に大手キャリアの端末を使っていなのだろうなということくらいは思われるかもしれません。格安スマホの端末自体は最新の機能やデザインを兼ね備えたものではない可能性が高いという点はデメリットと言えるかもしれません。従来のスマートフォンは定期的にアップグレードしていきます。それは機能的にもそうですが、デザイン的にもオシャレなものが出てくる可能性があるということです。格安スマホは価格の安さに重点をおいており、端末の開発に力を入れているわけではありません。今後はわかりませんが現状では格安スマホの端末は一昔前のものである可能性が高いということは言えそうです。データー通信料や通信環境においても格安スマホは従来型のスマートフォンよりも劣る可能性が高いです。しかし、普通にスマートフォンとして利用する分には一般的な人なら不便さを感じるものでもないかとも思います。ユーザーがどのようなことに利用するかによってデメリットになってしまう可能性はあります。

現状のスマホ市場

一人一人が電話を持って歩くという時代がやってきて、まだそれほど経っていません。ほんのちょっと前までは家には固定電話があって電話で連絡を取り合うとしたら、その電話を利用してというのが当たり前で、せいぜい他のモノといえばポケットベルが存在しているというくらいのものだったのが嘘のようです。携帯電話はその便利さと端末の導入時の安さなどからほんの数年程度であっという間に普及をしてきました。まさに大人も子供も携帯電話を持つ時代へと移行してきたのです。そのうちにスマートフォンというもっと便利なツールが普及しだします。スマートフォンはパソコンと同じようにWebの閲覧やメールが送れるということはもちろんアプリを導入することでゲームなども楽しめ、様々な用途に対応できる便利なものとなっています。値段的には端末も高く通信費などの利用料も従来の携帯電話と比べると高くつくにもかかわらず、その普及の度合は凄まじく既に携帯電話のユーザーのうちの半分以上はスマートフォンの利用者だと言われています。それでも、いわゆる昔の携帯電話であるガラケーを持っている人もユーザーは固定している部分があるというのも現状です。そんな中で去年くらいから注目を集めているのが格安スマホと言われるものです。格安スマホは端末の値段も通信費なども従来のスマホより相当に安くなっているため、こちらも激しい勢いで普及率を伸ばしています。格安スマホの出現によって今後、さらにスマートフォン全体の普及は促進されるかもしれません。

 


 - 格安スマホ/SIMフリーの基礎知識