格安スマホ人気は?評判の良いおすすめランキング評価2015/捜査課

【格安スマホ捜査課】格安スマホはどこがいい?購入した人の評判や評価・感想から人気・おすすめを捜査中

*

人気のある代表的な格安スマホ(SIM)を比較

業者が沢山あり過ぎるので、まず最初に安心の業者をピックアップしました↓

おすすめできる業者一覧

提供業者 データ量料金 初期費用 回線
イオンスマホ G/ ドコモ
楽天モバイル G/ ドコモ
b-mobile
(bモバイル)
G/ ドコモ
BB.exciteBBエキサイト 1G/750円
2G/870円等
3,000円 ドコモ
BIC SIM
(ビックシム)
G/ ドコモ
BIGLOBEビッグローブ G/ ドコモ 音声通話とLTEのデータ通信ができるお得な「音声通話SIM」やLTEのデータ通信に特化した「データSIM」。NTTドコモをお使いの方なら、お手持ちのスマホはそのままに、SIMカードをBIGLOBE LTE・3G音声通話SIMに差し替えると、通話が月々30分程度であれば毎月4,100円程度の節約に!
DMMmobileDMMモバイル 1G/660円
3G/850円等
ドコモ DMM mobileはこんな人におすすめ●キャリア関係なく気に入ったスマホを選んで使いたい●スマホでインターネットをよく閲覧する●電話よりLINE等のSNSで連絡しあう事が多い●毎月の携帯電話、スマホ使用料金を安くおさえたい業界最安値でご提供中!加入するなら今がチャンス!
DTI
(ServersMan SIM LTE)
G/ ドコモ
iijmioIIJmio G/ ドコモ IIJmioの特長は、、、
◆データ量の翌月繰り越し
◆クーポンを「かしこくやりくり」できる
◆低速通信でも快適
また4月1日より月額料金はそのまま、すべての料金プランにおいて高速通信用のデータを増量します!
マイネオ G/ au
nifmoniftyのニフモ 3G/900円等 ドコモ 【@nifty】『NifMo』データ通信SIMカード 4月より容量アップ!【3GB 900円/月(税抜)?】
最低利用期間なし!解除手数料なし!『NifMo』のSIMカードは、ドコモのLTE通信「Xi^(TM)」「FOMA?」に
対応。3,100円キャッシュバック実施中。
ocnOCNモバイルONE G/ ドコモ
ぷららモバイルぷららモバイル G/ ドコモ
SkyLinkMobile(ELECOM)SkyLinkMobile G/ ドコモ PC・スマホ周辺機器の開発に力を入れるELECOMが運営する「SkyLinkMobile」。「SIM」や「スマートフォン」を直販価格にて販売しています。金額は月額780円?の格安コースなど多種ご用意。ご購入後もエレコムだからこそできるサポート力でお客様を万全のサポート!
so-netソネット G/ ドコモ
toneTONE G/ ドコモ
U-mobileユー・モバイル G/ ドコモ 《スマホにLCC誕生! ・ 話題のスマホもお得に》
U-mobileは格安でご利用頂ける高速データ通信サービスです。
月2980円(税抜)でデータ通信し放題 !5GB以上使うなら断然お得です。速度無制限。
安心の高速通信&低価格。
UQ mobileUQ mobile G/ au ?データ通信・2GBでなんと980円(税抜)?! 安心のauネットワーク使用!?格安スマホの 「 UQ mobile」公式オンラインショップ ご契約促進プログラムです。おトクなご契約プランばかりですが、安心のauネットワーク使用で皆さまに快適なスマホライフをお届け致します♪
YAMADA SIM
(ヤマダ電機)
G/ ドコモ
Y!mobileワイモバイル G/ 3,000円 ドコモ Y!mobileのスマートフォンなら、通話もメールも電話も使い放題!月額2,980円(税抜)!!】※詳しくはY!mobileオンラインストアをご確認ください♪●しかも!今なら「DIGNO C」等がMNPで端末価格実質0円キャンペーン中♪
ドコモ

 

・格安スマホを利用しよう!
3-01 格安スマホ選び方
3-02 格安スマホはなぜ安いのか
3-03 格安スマホ購入までの流れ
3-04 格安スマホ利用開始はどのようにする?
3-05 格安スマホの通信速度とデーター量
3-06 格安スマホに乗り換えるには

・人によって適している格安スマホは変わってくる
04-01 データー通信がメインの人にオススメの格安スマホ
04-02 通話がメインの人にオススメの格安スマホ
04-03 シニアにオススメの格安スマホ
04-04 親子で使おう格安スマホ
04-05 夫婦や恋人同士に最適な格安スマホ
04-06 家族みんなで格安スマホ

上手に格安スマホを使おう!
05-01 もっとも安く格安スマホを利用する
05-02 格安スマホを使いこなす
05-03 格安スマホのセキュリティ
05-04 格安スマホの注意点
05-05 格安スマホでアプリを上手に利用しよう
05-06 今後の格安スマホ

格安スマホはこんなスマホ!
01-02 格安スマホとは
01-03 スマホとガラケーの違い
01-04 格安スマホと普通のスマホの違い
01-05 格安スマホのメリット
01-06 格安スマホのデメリット
01-01 現状のスマホ市場

格安スマホとSIMカードの関係を知る
02-01 格安SIMカードとは
02-02 格安SIMカードのメリット
02-03 格安スマホとMVNO
02-04 格安スマホはどのくらい安くなるのか
02-05 格安スマホとSIMフリー
02-06 格安スマホで電話番号はどうなるのか

 

格安スマホ選び方

格安スマホが世の中に出現してきてはや1年がたちました。格安スマホもその間にもどんどん参入してくる業者も増えだしてきて、当初は少なかった格安スマホと格安SIMカードをセットにして販売するという業者もかなり増えてきています。

格安スマホの端末本体を購入するとなると機種的には従来のスマートフォンによくある機能やデザインが先進的な新しい機種はないということを理解しておく必要があります。そのうえで、格安スマホを選ぶポイントというのは基本的なところとなってきます。

まずひとつはデザインばかりに惑わされないということです。ファッション性を重視して格安スマホを持つという人ならそれでも良いかも知れませんが、そうでなければデザインや価格の安さばかりを重点的に見てしまうと肝心のしたいことが思うように出来ないという可能性があるのだということを理解しておきましょう。

大切なのはスペックをしっかりとチェックすることです。その中枢はRAM容量です。いわゆるメモリと言われるものです。この数値が低ければ低いほどメモリが少ないということとなりアプリなどがサクサクと利用できない可能性があります。最適でも1GB、できれば3GBも確保したいものです。

後は自分自身が格安スマホで一番何をしたいのかということも大切なポイントです。通話なのかメールなのかゲームなのか、写真撮影なのかといったことです。それぞれに適した機種は必ずありますのでネットの口コミなどを参考にしてみるのも良いでしょう。

 

格安スマホはなぜ安いのか

従来のスマートフォンは今や快適に動くのは当たり前で特にこれといった制限もなく利用することが出来ます。もちろん、通信料が増え過ぎると契約プランを超過して費用がかさむという点はありますが基本的にはノーストレスで利用できるのが従来のスマートフィンであるということが言えるのです。

スマートフォンなどにはどのキャリアのスマートフォンであったとしても必ずSIMカードというものが必要となってきます。もちろん、格安スマホに関しても同じです。格安スマホが安く利用できる大きな理由は実はこのSIMカードにあるのです。

格安スマホには格安SIMカードを購入することになるのですが、このSIMカードが従来のスマートフォンに比べると若干の制限がかけられているのが格安SIMカードということになるのです。制限の内容は通信速度やデーター通信料が従来のスマートフォンと比べると少なくなるように設定されているということです。

これは格安スマホがNTTドコモなどの通信回線を利用して運用されているからです。しかし、実際にはほとんどのユーザーは制限がかけられていたとしても、元々、ハードに使いまくっているということはないでしょうから影響を受ける人は少ないのです。そういう意味では普通にスマートフォンを利用しているだけの人には格安スマホで十分な可能性は高いのです。

ただ、この数カ月でまた状況は変化しつつあります。格安スマホのSIMカードの制限が無制限になっているものも出だしてきたからです。今後のSIMカードや格安スマホの業者の動向にも注目をしておきましょう。

 

格安スマホ購入までの流れ

格安スマホを利用しようと思うのであれば、最近では端末と格安SIMカードをセットにしたものを販売する格安スマホの業者も増えてきました。

その場合はその業者の指示に従って申し込みを進めていけば全てが完了することとなります。しかし、端末と格安SIMカードを別で購入するということになるともう少し別の流れとなってきます。

まずは格安スマホに対応すべくSIMフリーのスマートフォンを準備しなくてはいけません。新たに購入するかNTTドコモのスマートフォンならそのまま現状の端末を利用することとなります。

次に格安SIMカードの購入です。通販や大手家電量販店などで購入をすることが可能となっています。この際、自分にあった自分がしたいことが十分にできるであろうSIMカードを購入することが大切です。

また、どこの格安スマホの業者と契約をするのかを決めて該当プランに申し込むことを平行して行うことになります。なお、この際には身分証明書が必要となることもあります。

また、支払いに関してはクレジットカードが基本となります。番号ポータビリティーに申し込んで現状の電話番号を引き継ぎたい時もこのタイミグで申し込むこととなります。

なお、SIMカード購入の際にはデーター通信しか格安スマホを利用しないというのであればSIMカードを購入して終わりですが、音声通話プランを申し込む場合は身分証明書が必要となり、SIMカードは後日郵送で送られてくるという手順になりますので気をつけておきましょう。

 

格安スマホ利用開始はどのようにする?

格安スマホの話題は最近、特に盛んになってきています。テレビのCMやネットや家電量販店などでも格安スマホについての宣伝などがどんどん増えてきているというわけです。

それだけ注目を浴びているということになるのですが、格安スマホを申し込んでから実際に利用開始に至るまでで特に変わった手続きなどはあるのでしょうか。

一般的に格安スマホはSIMフリーの端末があれば、SIMカードを購入することで利用開始が可能となります。特にデーター通信専用となるSIMカードを購入して格安スマホを利用するというのであれば、SIMカードを購入してMVNOとの手続きが完了しえしまえば、すぐにでも利用は可能となっています。

しかし、音声通信機能付きのSIMカードを購入して格安スマホを利用するということでしたら即日の利用が可能というわけには行きません。MVNOとの手続きを終えた後、数日してから利用できるSIMカードが自宅などに送付されるまで待たなくてはいけないのです。

届いたSIMカードを設定手順に従って装着して始めて格安スマホとして使用が可能となるのです。つまり、音声通話付きのSIMカード利用の格安スマホは利用開始までにタイムラグが発生するということなのです。

SIMカードの設定なども自分で行わなくてはいけませんが基本的には特に難しい手順もないので普通に操作はできるかと思います。

格安スマホは随時プランなども変更されたり新しいプランが導入されたりします。従来のスマホのように縛りがありませんので自分に合った格安SIMカードを選んでどんどん変更していくことも可能となっているのです。

 

格安スマホの通信速度とデーター量

格安スマホも様々な業者が参入し、顧客の奪い合いが見受けられます。つまり、価格競争が激しくなっているということなのです。

昨年の格安スマホ導入時は1GBや2GBのデーター量で1,00円や1,500円というようなプランが一般的であったものが格安スマホへの参入企業がどんどん増えるにつれプランもどんどん魅力的なものが主流となってきています。

通信速度も早くデーター量も使い放題というプランまで出てきて、それが主流となりつつあるのです。プランだけを見るとデーター量が多く通信速度も早くて料金が安いのなら言うことはありません。

誰もがそのプランに飛びつくのが当たり前だと言えます。ところが、ここに気をつけなくてはいけない点があります。異常に通信速度が遅くなる可能性があるのです。ネットワークの状況によっては契約時に提示されている通信速度が出ないということが十分に考えられるのです。

これは容量の決まったネットワーク上に利用者が増えれば増えるほど容量をみんなで分け合うことになるので必然的に各々の通信速度は遅くなるというわけです。一概に魅力的なことを言っているプランがオススメだと言うわけではないということになるのです。

やはり、契約をするのであればこうしたネットワーク状況を想定してプランを出している業者を選ぶべきでしょう。そのためにはネットなどの口コミや契約しようと思っている業者のフォロー体勢などを調べてみる必要があるのです。安さや理想的なプランに飛びつくのではなく実情を把握した上で格安スマホは契約するということが必要なのです。

 

格安スマホに乗り換えるには

格安スマホに今まで利用していた大手キャリアのスマホから乗り換えると決めた時には注意をしたておくことなども存在しています。一番、気にしておきたいのは格安スマホに乗り換えるタイミングです。

世の中で格安スマホのことが結構な話題に上がっているので安くなるのなら乗り換えようと考えている人も多いことでしょう。しかし、大手キャリアのスマホに関してはほとんどの場合が2年は解約できないというような縛りがあるはずです。仮に解約をしようと思うと結構な金額の解約金を支払わなくてはいけないというような事態になることもあります。

理想的な乗り換え時期はこの2年の縛りが切れた時と考えたほうが良いでしょう。また、格安スマホは格安SIMカードを購入すること、格安スマホに対応しているSIMフリーの携帯が準備出来ているということが大前提となります。

その中でSIMカードをどのように選ぶのかというのは重要なポイントです。大切なのは自分自身が格安スマホをどのように利用していくのかということになります。いろいろな方法があります。

一切、通話では利用しないというのならデーター通信専用のSIMカードが通話もデーター通信も必要というのなら音声通話に対応しているSIMカードが必要となってきます。

場合によっては通話用には別の携帯電話を持つという選択も悪くはないかもしれません、結果としてそのほうが総費用は安くつく可能性もあるからです。いずれにしても従来のスマホの大手キャリアのように手取り足取りサポートしてくれるという認識は持たないほうが良いでしょう。

格安スマホTOP

最近の世の中の流れというのは恐ろしいくらいのスピードで流れているようです。ほんの15年程度前に携帯電話は少しずつ普及してきました。そんな中、携帯電話もどんどん進化しおサイフ携帯などの決済機能も付いた携帯電話も出てきました。その後に出現してきたのがスマートフォンということになります。スマートフォンは機能的にはパソコンと同じような機能を持ち、独特のアプリという物を使用することで便利さや楽しさを徹底して追求したものとなっておりこの数年で激しい勢いで普及しました。

ただ、スマートフォンの欠点といえば本体が高いということ、月額料金が高いということでした。ところが昨年くらいから格安スマホというものが普及しだしてきています。値段の面からスマートフォンを持つことを控えていた人たちや潜在的にスマートフォンの料金の高さに辟易としていた人たちを中心にどんどん普及をしているのです。格安スマホが普及している背景には格安SIMカードの出現があります。SIMカードはスマートフォンを始めとする携帯電話で通信を行うのには必ず必要となってくるカードで、このカードを格安で手に入れることで端末との組み合わせによって格安スマホが実現できているのです。

格安スマホは今までの携帯電話のキャリア以外の業種の業者が多数参入してきています。そのプランも色々でどこの格安スマホを選ぶべきなのか迷ってしまうほどです。しかし、契約の際にはどこの格安スマホでも良いというわけではありません。通話を中心とした使い方をする人とデーター通信を中心とする人とでは選ぶべき格安スマホは変わってくるのです。

要は自分に適合した格安スマホを契約しないとせっかくの格安感を十分に発揮できないということになってしまうのです。格安スマホは従来のスマホと比べると幾分利用できないものも存在したりする場合もありますが、多くの人は十分に納得できるような仕様になっているのが特徴です。

消費税などの負担が上がっていく中で生活費の中で節約できる可能性が多いにあるのが格安スマホとなります。今後も様々な形で普及は進んでいくものと思われます。

公開日:
最終更新日:2015/06/23